横浜市立大学大学院 医学研究科 環境免疫病態皮膚科学
横浜市立大学大学院 医学研究科 環境免疫病態皮膚科学
ホーム > 診療案内
外来担当表
横浜市立大学附属病院の外来担当医をご案内しています。

外来担当医表

※ 担当医が変更となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
初診担当医
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診担当医 山口由衣 渡邉 裕子 相原道子
池田信昭
猪又直子 和田秀文
金岡 美和
専門分野 膠原病
乾癬
薬疹
乾癬
薬疹
アトピー性皮膚炎
蕁麻疹
アナフィラキシー
膠原病
蕁麻疹
アナフィラキシー
食物アレルギー
アトピー性皮膚炎
皮膚悪性腫瘍
皮膚外科
皮膚腫瘍
膠原病
水疱症
専門外来のご案内

腫瘍外来(月am):
皮膚悪性腫瘍の術前検査、診断、治療計画とその説明、術後や化学療法間の定期的フォローを行い、再発や転移にたいする長期の観察をしています。
集学的治療(手術・化学療法・放射線治療法など)後の経過を、診察と画像や採血チェックで、フォローアップをしています。
代表疾患は、悪性黒色腫、有棘細胞癌、基底細胞癌、血管肉腫、乳房外パジェット癌、皮膚線維肉腫などで、疾患別のセカンドオピニオンにも随時、対応しています。

外来手術(月pm/火pm/水pm/金pm):
皮膚良性腫瘍切除術や悪性腫瘍のみならず、膠原病など様々な皮膚疾患の診断確定をするための皮膚生検術を1日3から5件施行しています。

蕁麻疹・アトピー外来(火am/火pm/木am):
蕁麻疹、アナフィラキシー、アトピー性皮膚炎などアレルギーに関連する皮膚疾患を診察します。

★アトピー性皮膚炎
外用薬や抗ヒスタミン薬を用いる標準的な治療から、ナローバンドUVBによる光線療法、抗真菌療法、内服免疫抑制剤や分子標的薬を用いる新しい治療まで重症度に応じて選択します。
新規治療のご案内
2018年5月よりデュピクセントDupixent(皮下注射)の治療を行っています。
外用療法で十分にコントロールできない重症の方が対象です。
ご希望の方は、近隣の医療機関にご相談の上、紹介状をもってご来院ください。

入院治療
急性増悪したときには、短期間の入院治療も可能です。
また、外用療法の塗り方や、基礎的な知識を習熟するための教育入院(約1週間)も行っています。

★蕁麻疹
当院は、蕁麻疹の専門機関として国際認証(Urticaria Center of Reference and Excellence:UCARE)を受けた病院です。
先進的な検査や治療を受けることができます。
蕁麻疹のタイプ(病型)を見極めてから、検査や治療を行います。
抗ヒスタミン薬などの内服治療のほか、抗IgE抗体療法、ゾレア(皮下注射)を行います。
そのほかにも、病型に即した検査や治療を行います。
新規治療のご案内>ゾレアは、原因不明の慢性蕁麻疹のなかでも、抗ヒスタミン薬では十分にコントロールできない方を対象とします。ご希望の方は、近隣の医療機関にご相談の上、紹介状をもってご来院ください。

特殊検査
 TEMP TEST: 寒冷蕁麻疹や温熱蕁麻疹の温度閾値を測定し、治療や生活指導を行います。
 温熱発汗試験:温度刺激による発汗量の低下を測定します。(原則、入院で行います。)
 光線試験:日光蕁麻疹の診断と原因となる波長を検査します。

★食物・薬物などのアレルギー・アナフィラキシー
原因や悪化因子の検索を、血液検査や皮膚テストで行い、それらに対処する方法を指導します。
食物アレルギーや薬物アレルギーでは原因をあきらかにするために、入院による負荷試験を行うこともあります。
特に、食後の運動で蕁麻疹や呼吸困難、ときに血圧低下や意識障害までみられる食物依存性運動誘発アナフィラキシーでは入院による負荷試験が診断のために必要です。
誤って原因の食物や薬剤を摂取してしまったときに備え、抗ヒスタミン薬のほか、アドレナリン自己注射薬(エピペン)の処方を行います。

プリックテスト外来(火am):
アレルギーの原因や悪化因子を調べるために行う皮膚テストです。
対象となる病気は、じんましん、アナフィラキシー、食物アレルギー、薬疹、アトピー性皮膚炎です。
じんましんやアナフィラキシーの原因として、まず症状が出る前に口にした食物や薬剤が疑われます。
なかには、普段は症状がないのに、小麦を食べて運動をすることで出現する食物依存性運動誘発アナフィラキシーや、鎮痛剤が加わることによって強く出る小麦アレルギーのように、原因が自覚できないことがあり、検査が重要となります。
診察により原因として疑われたものについて検査を行います。
さらに必要に応じて、入院し実際に食べたり運動したりする負荷テストを行います。
食物アレルギーのなかで、特定の果物や野菜を食べることで口の中にかゆみや違和感が出る場合、口腔アレルギー症候群の可能性があります。
この病気の方は、シラカンバやハンノキといったある種の花粉症が原因で、花粉と共通のタンパク質をもつ果物や野菜に症状がみられています。
花粉と食物両方を検査することで、どのような食物に気をつけるべきかわかるようになります。
また、ラテックスアレルギーからも同様の症状がみられることがあります。
アトピー性皮膚炎では、小児期の食物アレルギーを含め、様々な原因や悪化因子について検査をします。
プリックテストの方法は、食物、花粉、ダニ、カビなどからつくられた検査用のエキスを前腕もしくは背中に1滴ずつつけて、専用の器具で皮膚をわずかに刺し、15分後に腫れの程度をみます。
持参の食品や薬剤でも施行することができます。

リンフォーマ・化学療法外来(火am):
菌状息肉症を中心として、長期にわたる経過の中、それぞれのステージ(紅斑期、扁平浸潤期など)に合わせて、局所ステロイド外用療法や全身PUVA療法を施行し、外来治療で進行を抑制することを目的にしています。
腫瘍期では、放射線科や血液内科とも連携して、電子線治療や化学療法、骨髄移植などを行っています。
その他のT細胞性リンパ腫や、B細胞性リンパ腫も局所療法や新規化学療法薬で対応できるものを中心に治療を行っています。

水疱症外来(火pm): 
自己免疫性水疱症は発症時に多くは入院治療を要します。
免疫疾患ですので治療には副腎皮質ホルモンと呼ばれるステロイド剤が中心に用いられます。
治療が十分でない時は、年齢や合併症、病勢を考慮して、ステロイドパルス療法、大量免疫グロブリンの点滴、血漿交換療法、免疫抑制剤を用いて治療しています。
治療過程では様々な副作用が起こるため、その対策には特に留意して治療しています。
症状が落ち着いてくる頃に外来通院となります。
外来では調子が良ければステロイド剤を減量したり、調子が悪ければ他の免疫抑制剤を加えたりしながら病気が落ち着くように管理していきます。

パッチテスト外来(月pm/水pm/木pm):
接触皮膚炎、薬疹、金属アレルギーなどの原因を明らかにするために皮膚テストの一つであるパッチテストを行ないます。
試薬を背部や上腕に貼布する日(月曜日)と判定日(水、木曜日)の最低3日は検査のための来院が必要です。
金属アレルギーではさらに翌週(月または火曜日)も判定を行ないます。
それにより明らかになった原因物質を避けることにより症状が軽快します。
なお、夏季(6〜9月)は発汗により検査用の絆創膏を数日に渡って貼ることができないため、外来での検査は原則としてお休みになります。
ご希望の方は入院で検査を行います。

乾癬外来(水am):
乾癬は、皮膚だけではなく、関節やメタボリック症候群などを合併しやすい全身性の炎症性疾患であることが分かってきました。
乾癬治療は著しく進歩しています。
外用剤や内服薬、光線療法だけではなく、年々増える生物学的製剤まで、当科では乾癬専門の医師が、患者さんの状態を把握し、短期的・長期的視野で相談しながら治療をしています。
免疫の病気ですので、長期的かつ専門的な診療が重要です。

中央手術室ope(水am〜pm):
県内外からご紹介された、皮膚悪性腫瘍を中心に脂肪腫など良性腫瘍も含め、昨年(平成29年度)は入院手術件数100件を超えています。
皮膚悪性腫瘍では悪性腫瘍切除術に併せ、センチネルリンパ節生検術(蛍光色素法)を施行し、リンパ節廓清術などの治療方針の決定に役立てています。
植皮術・皮弁形成術・リンパ節郭清術などスタンダードな手技から、壊死性筋膜炎などの緊急手術にも対応できる体制を整え、主治医グループ全員で手術にあたっています。

褥瘡回診(水pm):
褥瘡とは、いわゆる「床擦れ」のことです。
毎週水曜日午後に、入院中の患者さんで褥瘡を患っている方の治療のために、院内回診をしています。
褥瘡対策チームは、医師(皮膚科・形成外科)、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士など多職種より構成されており、それぞれの専門性を生かして患者さんによい治療を提供していきたいと考えています。
また治療のみならず、院内での褥瘡発生を減らすために褥瘡予防ケアを行ったり、院内スタッフを対象に褥瘡に関する知識の習得やケアの技術向上を目的とした院内勉強会を年に数回行っています。

毛髪外来(木am):
円形脱毛症をはじめとした毛髪疾患を主にみています。
円形脱毛症は有名な病気ですが、重症な場合、多発したり、すべての頭髪や体毛が脱落してしまうケースもあります。
このような難治例については、症状に合わせて局所免疫(SADBE)療法などを行っています。
局所免疫(SADBE)療法など一部の治療は自費診療となります。
なお、現在は脱毛症患者さんの増加のため、新規の患者さんをお受けすることが難しい状況が続いています。
ご了承ください。

膠原病/脈管外来(木pm):
全身性強皮症、皮膚筋炎、エリテマトーデスなどの膠原病、および血管炎の患者さんを主に診療しています。
膠原病専門の医師が、皮膚だけでなく諸臓器に気を配って診療を行います。
全身性強皮症は開院以来多くの患者さんが通院しており、臨床試験の他、基礎的研究を含め皮膚線維化の治療や指尖潰瘍の治療を行っています。
皮膚筋炎は最初に皮膚科を受診することも多い疾患です。
筋肉や肺など諸臓器の状況を把握し、場合によっては他診療科と相談しながら適切な治療を行います。
臨床研究も盛んに行っており、よりよい治療法の提案を目指しています。

薬疹:
薬疹の専門外来は設けていませんが、院内で発生した薬疹はもちろん、他院からも比較的重症な患者さんを受け入れています。
重症薬疹では速やかな治療が予後に関わりますので、診断後は原則入院のうえ、ステロイドパルス療法、大量免疫グロブリン療法、血漿交換などを組み合わせて治療に当たっています。
薬疹が治った後も、必要に応じて採血、パッチテスト外来、プリックテスト外来で精査を行い、できる限り原因薬特定に努めています。
また、薬疹の中にはウイルス感染を伴ったり、膠原病の並存が認められる場合があるためこちらも平行して検索を行っています。






アトピー性皮膚炎教育入院のご案内
教育入院は、アトピー性皮膚炎についての知識や理解を深め、今後の治療や普段の日常生活に役立てていただくことを目的に行います。

一般的な治療であるステロイド外用薬による外用療法や抗ヒスタミン薬の内服などの治療と並行して、1〜2週間の入院期間中に7つの項目にわたって講義に参加していただきます。

また、さまざまな検査を行い、皮膚症状や関連する全身症状の改善や治療の効果評価しながら、個々の患者さんにあった治療を提案してゆきます。

教育入院をご希望の方は、現在通院中の医療機関からの紹介状を持参の上、入院前に、外来受診が必要です。
新患受付日時:月〜金曜日の10時30分まで。

紹介元医療機関を介して外来受診の予約をお取りいただくことも可能です。
ご不明な点は附属病院皮膚科外来までお問い合わせください(045-787-2800代表)。

入院費用は健康保険の適用となります。(およそ10〜12万円です)
検査
皮膚症状の検査:臨床写真、重症度(SCORAD)、かゆみ日誌(VAS)
全身検査:体重測定、血液検査(IgE RIST、CAP-RAST、TARC、好酸球数など)、尿検査
心理検査: STAI
QOL 検査:DLQI、Skindex29
(そのほかのアレルギー検査:プリックテスト、パッチテスト。 必要な方を対象に実施)

アトピー性皮膚炎教室
アトピー性皮膚炎の一般的な知識
アトピー性皮膚炎の治療
外用薬の塗り方
スキンケア
生活指導
かゆみの対処法
アトピー性皮膚炎の合併症

治療
内服:抗アレルギー剤、抗ヒスタミン剤
外用:ステロイド外用剤、その他の外用剤
食事療法(要相談)
 | ホーム |  教室紹介 |  診療案内 |  入局案内 |  お知らせ |  リンク |  サイトマップ | 
Copyright © 横浜市立大学大学院 医学研究科 環境免疫病態皮膚科学 All rights reserved.