受診の方へ

外来担当表

担当医が変更となる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

外来担当表

初診担当表

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
初診担当医

専門分野
  • 山口 由衣

  • 膠原病・血管炎
    乾癬
    薬疹
  • 渡邊 友也

  • 膠原病・血管炎
    乾癬
    薬疹
  • 相原 道子

  • 薬疹
    アトピー性皮膚炎
    蕁麻疹
    アナフィラキシー
  • 猪又 直子

  • 蕁麻疹
    アナフィラキシー
    食物アレルギー
    アトピー性皮膚炎
  • 和田 秀文

  • 皮膚悪性腫瘍
    皮膚外科
    皮膚腫瘍
  • 池田 信昭

  • 膠原病・血管炎
    皮膚悪性腫瘍
  • 渡邉 裕子

  • 乾癬
    薬疹

専門外来について

月曜 火曜 水曜 木曜 金曜
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
腫瘍外来 パッチテスト外来 アトピー・蕁麻疹外来 乾癬外来 パッチテスト外来 アトピー・蕁麻疹外来 膠原病・脈管外来 一般再来
リンフォーマ外来 水疱症外来 一般再来 パッチテスト外来
プリックテスト外来 中央手術室オペ
外来手術 外来手術 外来手術 外来手術
・腫瘍外来(月:午前)
皮膚がん(メラノーマ(悪性黒色腫)、乳房外パジェット病、有棘細胞癌、基底細胞癌、血管肉腫、皮膚線維肉腫など)の診断から手術、化学療法・免疫療法・放射線療法といった集学的治療を行っています。 診断にはダーモスコピーを用いた早期診断を行っています。また適応のある悪性黒色腫の患者さんに対しては免疫チェックポイント阻害薬を含めた分子標的薬など新しい治療も積極的に進めています。疾患別のセカンドオピニオンにも随時、対応致します。
・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹外来(火:午前/火:午後/木:午前)
・アトピー性皮膚炎・蕁麻疹外来
(火:午前/火:午後/木:午前)
アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、アナフィラキシーなどアレルギーに関連する皮膚疾患を診察します。
アトピー性皮膚炎の原因や悪化因子の検索を血液検査や皮膚テストで行い、治療に反映させています。ステロイドや免疫用製剤の外用薬を用いる標準的な治療から、ナローバンドUVBによる光線療法、抗真菌療法、内服免疫抑制剤など重症度に応じて選択します。アトピー性皮膚炎が急激に悪化したときには、短期間の入院治療も可能です。また、これらの治療で十分にコントロールできない重症の患者さんを対象に、2018年5月よりデュピクセントDupixent (皮下注射)の治療を行っています。ご希望の方は、近隣の医療機関にご相談の上、紹介状をもって御来院ください。
外用剤の塗り方やアトピー性皮膚炎についての基礎的な知識を習熟するための教育入院(約1週間〜10日間)も行っています。教育入院の場合、入院費用は健康保険の適応でおよそ10〜12万円となります。
蕁麻疹の専門機関として当院は国際認証(Urticaria Center of Reference and Excellence:UCARE)を受けた施設です。蕁麻疹のタイプ(病型)の診断、先進的な検査や治療を行っています。
<特殊検査>
 TEMP TEST: 寒冷蕁麻疹や温熱蕁麻疹の診断のため、誘発温度閾値を測定します。
 温熱発汗試験:コリン性蕁麻疹や特発性後天性全身性無汗症などの発汗異常の診断のために行います。(原則、入院で行います。)
 光線試験:日光蕁麻疹の診断、及び原因となる波長を検査します。
<新規治療のご案内>原因不明の慢性蕁麻疹のなかでも、抗ヒスタミン薬では十分にコントロールできない方を対象に、抗IgE抗体療法(ゾレア®)を行っています。
食物・薬物などのアレルギー・アナフィラキシーの原因や悪化因子を調べるために、血液検査や皮膚試験、負荷試験を行っています。食物アレルギーの特殊型である、食物依存性運動誘発アナフィラキシーの診断には、食物と運動を組み合わせた負荷試験(入院)が有用です。また、誤食・誤飲などに備え、抗ヒスタミン薬のほか、アドレナリン自己注射薬(エピペン®)の処方を行います。
・プリックテスト外来(火:午前)
プリックテストは、アレルギーの原因や悪化因子を調べるために行う皮膚試験です。
対象疾患は、じんましん、アナフィラキシー、食物アレルギー(食物依存性運動誘発アナフィラキシーや口腔アレルギー症候群、花粉・食物アレルギー症候群を含む)、ラテックスアレルギー、薬疹、アトピー性皮膚炎です。
プリックテストの方法は、食物、花粉、ダニなどからつくられた検査用のエキスを前腕もしくは背中に1滴ずつつけて、専用の器具で皮膚をわずかに刺し、15分後に腫れの程度を判定します。また、検査用エキスがない場合でも、持参された食品や薬剤を使って検査できます。
・リンフォーマ外来(火:午前)
菌状息肉症を中心として、長期にわたる経過の中、それぞれのステージ(紅斑期、扁平浸潤期など)に合わせて、局所ステロイド外用療法やNBUVB療法を施行し、外来治療で進行を抑制することを目的にしています。腫瘍期では、放射線科や血液内科とも連携して電子線治療や化学療法を行っています。
その他のT細胞性リンパ腫や、B細胞性リンパ腫も局所療法や新規化学療法薬で対応できるものを中心に治療を行っています。
・水疱症外来(火:午後)
自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡)は、皮膚生検と血液検査で診断を確定してから治療を開始しますが、しばしば治療に難渋します。入院して治療開始となることが多く、ステロイド剤を用いて治療を開始します。治療が不十分な時は、年齢や合併症、病勢を考慮して、ステロイドパルス療法、大量免疫グロブリン療法、血漿交換療法、免疫抑制剤を用いて治療しています。治療過程では様々な副作用が起こるため、その対策には特に留意しています。症状が落ち着いてくると外来通院となります。外来では経過が良ければステロイド剤を減量、経過が悪ければ他の免疫抑制剤を加えたりしながら病勢が落ち着くように管理していきます。
・パッチテスト外来(月:午後/水:午後/木:午後)
・パッチテスト外来
(月:午後/水:午後/木:午後)
接触皮膚炎、薬疹、金属アレルギーなどの原因を明らかにするために皮膚テストの一つであるパッチテストを行ないます。試薬を背部や上腕に貼布する日(月曜日)と判定日(水、木曜日)の最低3日は来院が必要です。金属アレルギーではさらに翌週(月曜日)も判定を行ないます。検査により明らかになった原因物質を避けることで症状の軽快が期待できます。なお、夏季(6~9月)は発汗により絆創膏を数日に渡って貼ることができないため、検査は原則として行っていません。夏季に検査が必要な場合は入院して行います。
・乾癬外来(水:午前)
乾癬は、免疫の病気です。慢性的に繰り返す皮疹だけではなく、関節炎やメタボリック症候群などを合併しやすい全身性の炎症性疾患であることがわかってきました。ここ数年、乾癬治療は著しく進歩しており、適切な治療の導入によって、多くの方がほぼ病気が気にならない状態で生活できるレベルまで改善することができます。当科では、神奈川乾癬患者会の相談医など、乾癬を専門とする医師が複数在籍しており、専門的な知識と経験をもとに患者さんと相談しつつ治療を行っています。皮疹とともに関節炎や乾癬性ブドウ膜炎、メタボリック症候群などの合併症に対しても気を配り、外用療法、内服療法、光線療法(ナローバンドUVB療法、エキシマライト)、生物学的製剤などを駆使して、総合的にマネージメントできる治療選択を行います。また、乾癬の病態解明や新規治療法開発を目指した基礎研究、臨床研究も積極的に行っているほか、各種新規治療薬の臨床試験(治験)を扱っており、全国的な乾癬診療の専門施設の一つとして認識されています。
・中央手術室オペ(水:午前〜午後)
県内外からご紹介された、皮膚悪性腫瘍を中心に脂肪腫など良性腫瘍も含め、昨年(2018 年度)は入院手術件数85件を超えています。
皮膚悪性腫瘍では悪性腫瘍切除術に併せ、センチネルリンパ節生検術(蛍光色素法)を施行し、リンパ節廓清術などの治療方針の決定に役立てています。
植皮術・皮弁形成術・リンパ節郭清術などスタンダードな手技から、壊死性筋膜炎などの緊急手術にも対応できる体制を整え、主治医グループ全員で手術にあたっています。
・膠原病・脈管外来(木:午後)
膠原病は、全身性の難治性免疫疾患です。その病態は不明な点が多く、病態の解明や予後の改善、新規治療法の開発が必須の領域です。当科では歴史的に、全身性強皮症、皮膚筋炎、エリテマトーデスなどの膠原病および血管炎の患者さんを多く診療しており、膠原病を専門とする医師が、皮膚だけでなく諸臓器に気を配って診療を行っています。
全身性強皮症は、有効な治療法の開発が特に望まれている疾患です。当科では、その複雑な病態の解明、新規治療法の開発を夢見て、基礎的および臨床的研究を積極的に行っております。患者さんの全身評価をもとに、その時の最善の治療選択を行い、長期予後の改善を目指した診療を心がけています。近年、複数の新規臨床試験(治験)に携わっている専門施設です。
皮膚筋炎は、最初に皮膚科を受診することの多い疾患です。皮膚科専門医による早期診断は、筋肉や肺におよぶ諸臓器の病変の早期把握に役立ちます。全身的な病状を把握し、個々の患者さんに適した治療選択を行っています。皮膚筋炎においても、種々の基礎研究・臨床研究を積極的に行い、診療に役立てているほか、国際的な臨床治験にも参加しております。当院は、難病診療の拠点病院です。膠原病内科や小児科などにおける膠原病診療も盛んであり、諸臓器の病勢把握や治療選択に関しては、他診療科との密な診療連携を心がけ、患者さんにとって最適な診療を目指しています。
・薬疹
薬疹の専門外来は特に設けていませんが、院内で発生した薬疹はもちろん、他院からも比較的重症な患者さんを受け入れています。重症薬疹では速やかな治療が予後に大きく関わりますので、診断後は原則入院のうえ、ステロイドパルス療法、大量免疫グロブリン療法、血漿交換療法などを組み合わせて治療に当たっています。薬疹が治った後も、必要に応じて血液検査や、パッチテスト外来、プリックテスト外来で精査を行い、できる限り原因薬の特定に努めています。 また、薬疹の中にはウイルス感染を伴ったり、膠原病の並存が認められる場合があるためこちらも平行して検索を行っています。
・その他
毛髪・色素外来閉鎖に関するお知らせ
これまで毎週木曜午前に毛髪・色素外来を行っておりましたが、当科外来の縮小と再編の一環として、2019年度をもちまして当外来を閉じる運びとなりました。円形脱毛症や白斑で通院されている患者様には大変ご迷惑をおかけしますが、症状や治療内容に応じて開業医や近隣の病院にご紹介させていただきます。今後は重症円形脱毛症の受け入れが困難になることが予想されますので、患者様、近隣の先生方にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解・ご協力の程よろしくお願い申し上げます。