横浜市立大学大学院 医学研究科 環境免疫病態皮膚科学
横浜市立大学大学院 医学研究科 環境免疫病態皮膚科学
ホーム > 教室紹介
教授挨拶

相原道子(あいはら みちこ) 教授


昭和55年 横浜市立大学卒業


御挨拶


当教室は、初代の野口義國教授時代から教室の主要な研究テーマである免疫・アレルギー疾患および皮膚悪性腫瘍を中心に、診療および研究を行なっています。
免疫・アレルギー分野では薬疹(Stevens-Johnson症候群、中毒性表皮壊死症ほか重症薬疹)、乾癬、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹およびアナフィラキシー、食物アレルギー、膠原病(皮膚筋炎、強皮症、全身性エリテマトーデスなど)および血管炎、自己免疫性水疱症などがあげられます。
これらの疾患について、生物学的製剤を含む最新治療を行うとともに、抗原解析や遺伝学的背景の検討、ヒトの検体や動物モデル・培養細胞を用いたメカニズムの解明や治療研究を行なっています。
皮膚悪性腫瘍では、メラノーマ、有棘細胞癌、乳房外パジェット病を中心に多くの手術を行い、免疫チェックポイント阻害薬を含めた分子標的薬など新しい治療も積極的に進めています。
研究では多数の学内外の基礎系および臨床系教室や研究所との共同研究も行なっており、教室員の海外留学、国内留学も推奨しています。
毎週、皮膚科医局員を対象に学会発表用の英会話教室を医局支援の元学内で開催しています。
当教室では臨床と研究のバランスを重視しており、研究は大学院生や教員が担っていることはもちろんですが、入局2年目以降も何らかの形で参加して、研究の楽しさを知ってほしいと思っています。

 また、神奈川県の医療の中心として、大学附属2病院のほか、湘南地方を中心に1〜6名(多くは3名以上)の常勤医が勤務する23病院を抱え、多くの勉強会やカンファランスを行なっています。
当教室では専門医取得後少なくとも数年は大学附属病院の教員または協力病院の中堅以上としての勤務を原則としています。
そのため女性医師には出産後に一時的に常勤職を離れても、大学非常勤職を経て常勤職に復帰する道筋を準備しています。
なお、男性医師には大学勤務に限り希望すればお子さんが生まれた後に休暇を1週間取得できるようにしました。
明るい助け合いのできる教室運営を心がけています。

 ひとつの組織はいろいろな個性が互いにぶつかり合って磨かれ、その結果、集合体として強く輝くものであると思っています。
当教室もそのようにして発展していくことを目指しています。
若いアクティブな医師、根性のある医師、他人の心の痛みを分かろうとする医師を積極的に受け入れて育て、関連病院とともに発展していきたいと思います。
                           
2018年4月
スタッフ紹介

横浜市立大学附属病院

役職 氏名 卒業年 資格・学会活動・専門分野
教授
部長
院長
相原道子 S55 日本皮膚科学会専門医
日本アレルギー学会指導医および認定専門医
日本アレルギー学会代議員
日本皮膚免疫アレルギー学会総務理事
日本皮膚学会東京支部代議員・支部長
日本研究皮膚科学会評議員
日本皮膚科心身症医学会理事
日本乾癬学会評議員
日本ラテックス研究会理事
厚生労働省医道審議会医師分科会(医師臨床研修部会) 臨時委員
内閣府食品安全委員会専門委員

薬疹
アトピー性皮膚炎
皮膚アレルギー
食物アレルギー
病院准教授
担当部長
和田秀文 H3 日本皮膚悪性腫瘍学会評議員

皮膚悪性腫瘍
皮膚外科
学部准教授 猪又直子 H6 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー指導医および認定専門医
日本皮膚免疫アレルギー学会代議員
日本研究皮膚科学会評議員
日本皮膚科学会東京支部代議員

蕁麻疹
アナフィラキシー
皮膚アレルギー
食物アレルギー
学部准教授
山口由衣 H12 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
研究室長 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
日本皮膚科学会東京支部代議員
日本研究皮膚科学会若手理事、評議員
日本アレルギー学会代議員
日本皮膚免疫アレルギー学会代議員

膠原病
乾癬
病院講師 池田信昭 H16 膠原病
皮膚悪性腫瘍
学部助教
医局長
渡邉裕子 H16 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

乾癬
薬疹
学部助教 金岡美和 H16 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

膠原病
水疱症
学部助教
副医局長
渡辺友也 H19 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

膠原病
乾癬
指導診療医 高村直子 H18 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医

乾癬
薬疹
指導診療医 石川秀幸 H20 皮膚科一般
皮膚悪性腫瘍
指導診療医 高橋沙希 H25 皮膚科一般
皮膚アレルギー
シニアレジデント 浅井知佳 H26 皮膚科一般
シニアレジデント 戸塚みちる H27 皮膚科一般
シニアレジデント 山川浩平 H28 皮膚科一般
大学院3年(博士) 乙竹泰 H24 皮膚科一般
膠原病
大学院3年(博士) 浅見美穂 H24 皮膚科一般
乾癬
大学院2年(博士) 渡辺雪彦 H22 皮膚科一般
乾癬
大学院2年(博士) 秋田亜紗美 H24 皮膚科一般
膠原病
大学院1年(博士) 鈴木麻生 H24 皮膚科一般
膠原病

横浜市立大学附属 市民総合医療センター

役職 氏名 卒業年 資格・専門分野
部長 蒲原 毅 H7 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医

アトピー性皮膚炎
乾癬
感染症
褥瘡・皮膚潰瘍
助教 中村和子 H10 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医

皮膚アレルギー、水疱症
診療医 高松法子 H25 皮膚科一般
シニアレジデント 袋幸平 H26 皮膚科一般
常勤的非常勤 泉佳菜子 H17 皮膚科一般
協力病院(常勤派遣)
国際医療福祉大学熱海病院
横浜市立市民病院
横須賀共済病院
横浜南共済病院
横浜栄共済病院
小田原市立病院
藤沢市民病院
茅ヶ崎市立病院
平塚共済病院
神奈川県立こども医療センター
神奈川県立がんセンター
神奈川県立足柄上病院
神奈川リハビリテーション病院
横須賀市立うわまち病院
藤沢湘南台病院
大森赤十字病院
済生会若草病院
済生会横浜市南部病院
金沢文庫病院
横須賀市立市民病院
その他、非常勤派遣病院多数
研究内容
主な研究テーマ

1.アトピー性皮膚炎に関する研究
新規治療薬による病態や疾患関連因子への影響を解析し、バイオマーカーの探索を行っています。

2.薬疹に関する研究
Stevens-Johnson症候群/TENなどの重症薬疹の疫学調査および遺伝子解析を行っています。 また、薬疹とヒトヘルペスウイルスの再活性化との関係や、多種のサイトカイン/ケモカインの産生異常、細胞性免疫に関係する分子の発現異常について解析を行うことで、薬疹の発症メカニズムの解明を目指しています。 生物学的製剤による皮膚障害についての予測因子やバイオマーカーの検索のため、臨床解析や培養細胞を用いた解析をおこなっています。

3.食物アレルギーに関する研究
口腔アレルギー症候群、蕁麻疹・アナフィラキシー、食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)の患者血清を用いて、新規食物アレルゲンの同定ならびに、アレルゲンコンポーネントの解析を行っています。
また、アスピリンなど種々の薬剤が、食物による蕁麻疹やFDEIAの症状発現に及ぼす影響について研究しています。

4.蕁麻疹に関する研究
蕁麻疹専門機関の国際認証Urticaria Center of Reference and Excellenceを受けた機関が協力して行う国際共同研究に参加しています。
蕁麻疹の自然歴や診療の課題などを明らかにする疫学調査を行っています。

5.乾癬に関する研究
乾癬における治療の進歩が目覚ましいですが、これらは基礎・臨床研究の成果の賜物です。
また、乾癬患者さんでは、動脈硬化やメタボリック症候群の合併多く、お互いの病状を相互に悪化させあう可能性があります。
乾癬のさらなる病態解明のため、表皮細胞のSTAT3活性化シグナルの増強・維持機構の解明に取り組んで、慢性化の原因を調べています。
単球・マクロファージなどに着目して、そのさらなるメカニズムの解明から、新規治療の開発に取り組んでいます。
さらに、関節症性乾癬の臨床解析や、生物学的製剤を用いた加療前後における臨床経過を解析することで、乾癬患者さんの長期的改善を目指したより良い加療の提案を目指しています。

6.膠原病に関する研究
当科における膠原病診療の歴史は長く、多くの患者さんが通院しています。
まだまだ病態の解明されていない全身性強皮症や皮膚筋炎をテーマに積極的に研究を行っています。
特に全身性強皮症に関しては、細胞外マトリックスや、単球・マクロファージに着目した病態解析から新規治療法の開発に取り組んでいます。
また、全身性強皮症に対する新規治療法の臨床試験の施行や、病勢マーカーの開発なども多施設共同研究の主施設として積極的に解析しています。
皮膚筋炎においては、自己抗体の観点から、臨床経過や治療に大きく影響を与える因子について積極的に臨床研究を行っています。
その中には、診療科を超えて国内多施設での研究も多数進行中です。
皮膚筋炎は複雑な病態ですが、どのような方がなりやすいのか、重症化する方はどのような方なのか、などの臨床解析を行うことによって、疾患の発症予防、重症化予防を目指しています。

7.自己免疫性水疱症に関する研究
ステロイド療法のほか、大量免疫グロブリン療法、エンドキサンパルス療法、血漿交換、リツキサン療法などの集学的治療を行い、加療前後の抗体価や重症度スコアの比較をすることで、より良い治療法を検討しています。

8.腫瘍に関する研究
悪性黒色腫の手術不能症例に対する、免疫チェックポイント阻害剤の単独投与における効果と副作用、遺伝子変異の有る悪性黒色腫症例に対する分子標的阻害剤の投与での効果の臨床研究を行っています。
さらに免疫チェックポイント阻害剤2種を用いた併用療法に対する臨床効果の判定を研究しています。





 | ホーム |  教室紹介 |  診療案内 |  入局案内 |  お知らせ |  リンク |  サイトマップ | 
Copyright © 横浜市立大学大学院 医学研究科 環境免疫病態皮膚科学 All rights reserved.